滋賀銀行の分析

滋賀銀行でツインプラン 滋賀銀行でツインプラン
滋賀銀行の定期預金 滋賀銀行の定期預金
滋賀銀行の住宅ローン 滋賀銀行の住宅ローン
滋賀銀行の総合口座 滋賀銀行の総合口座
滋賀銀行で国債 滋賀銀行で国債
滋賀銀行のSTIO 滋賀銀行のSTIO

注目の但馬銀行

但馬銀行の普通預金 但馬銀行の普通預金
但馬銀行の定期預金 但馬銀行の定期預金
但馬銀行のカードローン 但馬銀行のカードローン
但馬銀行の多目的ローン 但馬銀行の多目的ローン
但馬銀行の住宅ローン 但馬銀行の住宅ローン
但馬銀行の投資信託 但馬銀行の投資信託

解剖みちのく銀行!

みちのく銀行の特徴 みちのく銀行の特徴
みちのく銀行の定期預金比較 みちのく銀行の定期預金比較
みちのく銀行の住宅ローン比較 みちのく銀行の住宅ローン比較
みちのく銀行で高額当せん みちのく銀行で高額当せん
みちのく銀行と地方銀行 みちのく銀行と地方銀行
みちのく銀行の注意点 みちのく銀行の注意点

滋賀銀行の分析

滋賀銀行でツインプラン

今金融機関の商品の中で、ひときわ熱い視線を集めているのが円定期預金と投資信託のセット商品です。定期預金と投資信託に資金を分けて同時運用するという商品で、定期預金を特別金利で運用できるというメリットがあります。投資信託は資産運用を考える上で非常に魅力ある商品でもあるので人気が高く、サービスを利用する人が増えています。

滋賀銀行ではツインプランという名前でこうしたセット商品を提供しています。しかし滋賀銀行の場合は総利用金額のうち半分以上を投資信託に投資しなければいけないという制約があるため、資金を定期預金で堅実に運用したいときには不向きと言えます。逆に最初から投資信託が目当てのときは、高い定期預金金利が純粋なメリットとなるためお得なプランと言えます。

このようにお得に利用するための使いどころが難しいツインプランですが、商品内容故に事前にコスト計算や運用計画をしっかり立てておかないと損をしやすい商品でもあります。たとえば定期預金の特別金利期間は最初の3ヶ月もしくは1年だけでその後は店頭表示金利に戻るので、総資金の半分以上を投資信託に取られることを考えれば、意外と利息による利益が少ないのです。

さらに初めて投資信託を利用する人が陥りやすいのが、投資信託の手数料で定期預金の利息がマイナスになってしまうという事態です。ツインプランは退職金専用のものもありますが、利用金額が大きくなればなるほど投資信託の手数料も膨れ上がる仕組みなので、結局利息が増えても手数料で相殺されてしまうのです。そのため投資信託や定期預金を単体で申し込むほうがかえってお得です。たとえば退職金を大口定期預金で運用するほうがお得なのです。

https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/costtax/cost/ (投資信託の手数料)

http://www.woman110.com/200807/ (定期預金単体での金利)


Diseno descargado desde plantillas web gratis y profesionales.